アルガンオイルの選び方

こんな点に気を付けてアルガンオイルを選びましょう

アルガンオイルを選ぶ際、黄にして欲しいのは、「色」と「香り」です。
色は、より高品質で純度の高いアルガンオイルであるほど、透明で鮮やかな金色となっています。
また、香りに関しては、元がどんなに高品質なアルガンオイルだとしても、時間の経過によって酸化してしまうことがあるからです。
アルガンオイルの香りは、普通、ナッツのような香ばしさと、エキゾチックな香りがあわさった香りですが、時間がたって参加してしまったアルガンオイルは、ツンとするような酸味が混じるようになるのです。
店頭で販売されているアルガンオイルが、そのような状態になることはあまりないとは思いますが、もし少しでも心配だと思ったら、店員さんにお願いして、購入しようとしているアルガンオイルを嗅がせてもらうのが良いでしょう。
また、色に関しては、わかりやすい色の見える透明なパッケージであればいいですが、色付きの瓶など、外から色を確認できない容器に入っている場合は、要注意かもしれません。
なぜなら、純粋ではない色を、色付きの容器でごまかしている可能性も考えられなくはないからです。
もっとも、そのようなあからさまに怪しいアルガンオイルが売られていることはあまりないと思いますので、色に関しても香りに関しても、それほど神経質になる必要はないかもしれません。
もし、アルガンオイルの品質基準について、なにか基準がほしいのであれば、EUが独自に定めたIGPという基準に沿っているかどうか、確認してみるのもいいかもしれません。