アルガンオイルの使い方

どう使うとアルガンオイルの効果を感じられる?

アルガンオイルの使い方は、美容オイルとして使うならば、まずは、お風呂あがりや洗顔後に、薄く肌になじませるように使ってみてください。
人によっては、化粧水を塗った後に、アルガンオイルを塗るという人もいますが、どちらが良いかは、実際にあれこれ試してみるとよいでしょう。
洗顔後の肌にアルガンオイルを塗ると、ベタつきではなく、手に肌が吸い付くような感覚を味わうでしょう。
これは、洗顔によって失われた油分をアルガンオイルで補い、水分量と油分量のバランスがとれた、肌にとってとても良い状態に近づいた証拠でもあります。
そして、油分を補うと同時に、化粧水で水分も補うことで、より十分な水分量を保持しながら、油分とのバランスのとれた理想的な肌の状態を作り出すことができるのです。
お風呂あがりに化粧水を懸命に使っている女性は多いようですが、お風呂あがりに必要なのは、水分よりも油分が重要だったりします。
洗顔剤や石鹸を使った洗顔は、皮膚の油分を奪いますので、奪われた油分は速やかに補充しなければなりません。
皮膚の油分を落とし過ぎない、優しい洗顔剤などもありますが、多くの場合、それでもやはり油分は失われてしまいますので、
お風呂あがりにまず、肌に油分を補ってあげるのというのは、とても大切なことです。
化粧水や美容液、それに乳液など、スキンケアに関するあれこれの前に、アルガンオイルを塗りこむことで、きっとあなたの肌は、確実に若返っていくことでしょう。